法人決算。税理士に頼むか、自分でやるか。

会社の決算を自分でやるか。税理士に頼むか。
税理士に頼むにしても、その費用が決して小さな金額ではない以上、小さな会社にとっては、結構悩む問題です。
先日、無事このゴゴゴも一年が経ち、決算を終えましたが、やはり「税理士に頼むか」それとも「節約のため自分でやるか」。。。自分も結構悩みました。

悩んだ結果、結論から言うと「税理士にお願いした」のですが、自分がそう判断した理由を書きますので、これから決算を迎える方、同じ悩みを持つ人の参考になれば幸いです。

 

理由その①:決算資料に対する知識がない

実は、合同会社を立ち上げるにあたって相談した先輩は「自分でやってる」って話でした。
見せてもらったのは、スプレッドシートに記載してる売上と経費の表。
決算時には、それをまとめて決算資料にしてるって話。

それだけ聞くと簡単そうに聞こえましたが、実際自分が直面すると、なんだかエラい書類の束が必要だってこと。
そこでもう一度話を聞いてみたら、どうやら先輩、元々経理や経営の知識がある人だってこと。

なるほどー、これは大変だぞ。。。
ということで、もうお金で解決できないか、と思ったのが、自分の発端です。

 

理由その②:費用相談できる税理士さんだった

次に、相談したのが、他の会社経営者。
「もしいい税理士いたら紹介してください」ってことで紹介受けた人が良い人で、費用も相談ベースとのこと。
一個の懸念が、事務所の場所が「表参道」とか「六本木」とかそのあたり。自分の事務所からは行きづらい。

何より、紹介してもらっておきながら何だけど、いい人なんだけど、契約あるとは言え、知ってる人(もしくはその近しい人)に、通帳とか開示するのもどーだろーとか思って、いったん保留して事務所の近くで再度探し。

結果として、近くの事務所で伺った税理士さんが話しやすく、また元々自分が毎月入力している売上一覧や経費一覧が一部使えるってことで、作業を一部自分がやるって分担にすることで、費用も少し相談できることとなり、お願いすることにしました。

 

理由その③:税金相談できる

ということで、お願いした感じですが、実際書類作成以上にありがたかったのが、税金関連の相談ができるってことですね。特に、経費になるか、減価償却になるか、など、解釈によって見解がかわるケースなど相談できたり、自分の給与額について相談できたり。税金面でアドバイスを受けられるのが、支払う費用より多くのメリットを得られたと思っています。

 

この手の話をすると「経理は誰かにお願いして経営者は本業に集中すべき」とか書いてるサイトをよく目にしますが、自分はどっちかというと、手が空いたその時間で本業ゴリゴリ頑張るぜ!時間足りねー!っていうよりも、適度にグタっとする時間もほしい派。それよりも、自分が納得する理由がないと「うん」と言わない派なので、調べた結果として納得いく理由を得たので「税理士にお願いした」という感じです。

これから決算を迎える方。また、お願いするか迷っている方のご参考になれば、です。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)